MENU

ドルトンプランとは

「自由」と「協働」の2つの原理に基づく「ハウス」「アサインメント」「ラボラトリー」を軸とし、一人ひとりの知的な興味や旺盛な探究心を育て、個人の能力を最大限に引き出す。米国の教育家ヘレン・パーカストが、詰め込み教育に対する問題意識から提唱した、学習者中心の教育メソッドが、ドルトンプランです。  

100年前の米国で提唱された教育メソッド

ドルトンプランは、今からおよそ100年前に、米国の教育家ヘレン・パーカストが、当時多くの学校で行われていた詰め込み型の教育に対する問題意識から提唱した、学習者中心の教育メソッドです。パーカストはその生涯をかけて、一人ひとりの子どもに寄り添い、成長を観察し続けると同時に、研究を続け、実践から形作られた教育法に心理学・哲学・教育学の学問的理論を取り入れ、ドルトンプランを作っていきました。  

予測不能な社会を迎えた今だからこそ

現代の日本は世界で最も成熟した国家の一つとなり、中等教育を含めた教育制度も欧米諸国のそれに引けを取らないものとなりました。その一方で、グローバル化は我々の社会に多様性をもたらし、技術革新によるAI革命の波は劇的に社会の基盤を変貌させつつあります。全く新しい価値観や社会制度の変革が起こることは想像に難くなく、5年後・10年後、今の子どもたちが生きる未来は、参考にできる前例が存在しない、予測不可能な社会です。 前例のない予測不能な社会で、子どもたちに求められるのは、『能動的・主体的に課題と向き合い、他者と協働しながら解決していく力』です。パーカストが提唱した「学習者中心教育」は、主体的に学び、探究・挑戦し続ける姿勢を育む教育です。多様性を理解し、社会に貢献する志をもって、恐れることなく積極的に新しい価値を創造する意志をもたらす教育です。 私たちは、今まさに、日本の中等教育において、ドルトンプランに基づく学習者中心の教育を実践する機が熟したと考えています。これこそが、今の日本に、そして将来の日本を支える若者たちに必要だ、と確信しています。  

2つの原理

Joy of Learning(学ぶ楽しさ)を気づかせ、 Pleasure of Creation(創る喜び)を引き出す。

ドルトン東京学園は、生徒の知的な興味や探究心を原点にする『学習者中心教育』を実現します。 一人ひとりの個性を大切にし、他者と協働しながら自らの意志で進んでいく人を育てます。

3つの柱

ハウスHouse

複数の学年で形成されるコミュニティ

本校には、授業を受ける「クラス」の他に、異学年の生徒で編成する「ハウス」というコミュニティがあります。クラス担任とは別に、ハウスにもハウス担任がつき、生徒や保護者とコミュニケーションをとります。 異学年の生徒との交流によって、多様な価値観との触れ合いが日常的になり、「異なること」を当然のこととして受け入れる意識が、自然と身についていきます。ハウスでは、クラスとは違った立場・役割として参加することができ、ものの見方や考え方の幅が広がります。 ドルトン東京学園の基本原理である「自由」と「協働」。異なる学年の生徒集団が、主体的に活動内容を考え、協働して実践していくハウスは、まさにこの原理を体現するものです。
学年を越えた交流で多様なものの見方や考え方にふれることで、キャリア形成にも重要な役割を果たします。 ※開校6年後に、中学1年生から高校3年生の生徒によって編成されるハウスが完成します。

アサインメントAssignment

意欲を高め、学びを深めるための仕組み

課題解決型のシラバスの役割を持つ「アサインメント」によって、生徒自身による「学びの設計」をサポートします。 「アサインメント」は教科ごと、かつ学習内容ごとに作られており、学習の目的・目標、授業の内容、振り返りのポイント、さらなる探究への道しるべなどが備わっています。
アサインメントは、生徒にとって「学びの地図」となります。アサインメントを使って学ぶことで、生徒は計画的に学習に取り組む姿勢を身につけます。  

ラボラトリーLaboratory

自分で計画した学びを実践するための場所と時間

授業での学びを深め定着させる場所・時間のひとつが、ラボラトリーです。生徒は自ら設計した学習計画に沿って、個人または少人数のグループで、学びたいことを究めていきます。授業内容を補うために使ったり、授業で得た知識を深めたり、生徒はこの時間の目的を自由に設定することができます。 また、ラボラトリーでは、教員からアドバイスを受けることで、好奇心・意欲を原動力に、知識を繋げ、その輪を広げていくことができます。
 
資料請求はこちら
top

Copyright©Tokyo Gakuen High School. All Rights Reserved.