MENU

グローバル市民教育

国内でも海外でも、場所にこだわらずに活躍し、
社会に貢献する人を育む。

 国境を意識せず、自分の力を活かせるところならどこへでも行きたいと自然に思い、行動に移せる人。
 私達が考えるグローバル市民とは、語学力と高いコミュニケーション力はいうまでもなく、広い教養と深い専門性、自分や自分の国についての理解、様々な経験を通して得た自信と柔軟性を兼ね備え、心理的な障壁なく誰とでも協働でき、他者や社会に貢献する人です。

アイデンティティ

 生徒には、多様な文化や価値観の中で自分を見失わないためのアイデンティティを持っていてほしいと思います。日本に暮らす者として、日本の歴史や伝統、文化について語れることも大切です。
 ドルトン東京学園では、アイデンティティを深めるための学びや経験・体験、感性や表現力を高める芸術・表現教育も充実したカリキュラムを提供しています。

異文化・多文化の体験

 本校で過ごす6年の間に、原則として全員が2回、海外研修を経験します。他にも様々な海外での研修プログラムを用意しています。
 また、国内にも様々な文化や習慣を持つ人々が暮らしており、そのような人々との交流やイベントにも積極的に参加し、身近な多文化を実感します。

教養と専門性

 ドルトン東京学園では、各教科でそれぞれの分野の学びを深めるとともに、様々なテーマに沿って複数の教科が横断・連携した学びで、問題を多角的に把握する視点を養います。広い視野から取り組むことで、それぞれの教科や分野の学びがさらに深まります。自分でテーマを決め研究し、発表することで大きな問題の解決に至る知見を得ることができます。

キャリア教育

21世紀に向け、なりたい自分、学びたい学問に出会う

社会に開かれたキャリア教育

実社会での多様な人々との関わりを意識し、地域コミュニティとの協働や産学連携を奨励し、社会に貢献する人材を育成します。

教科教育、課外活動と
切れ目なく連動

総合学習の一部をキャリア教育に充てるほか、教科学習や進路行事を通して様々な視点から将来社会人になった時の自己像を考えていきます。

進路指導方針①

将来を見据えた広い視野に基づく学びの設計

ドルトン東京学園では、文系・理系といったコースを設けません。例えば、文系学部を志す生徒であっても、数学ⅢC や基礎を付さない物理を学習してもよいですし、理系学部を志す生徒であっても、社会を2科目以上学習する生徒も出てくるかもしれません。個人としてどういう生き方をしたいか、どのように働きたいか、そのためにどういう進路をとりたいか、を共に考えていきます。

進路指導方針②

個々に対応した進路サポート

全学年の保護者を対象に、進路講演会を実施します。各教科の授業の中でも、進路について、自然に考え始めるような授業を展開していきます。一人ひとりの生徒の考えは、ラボラトリーの中で少しずつ具体化されていきます。この過程で、担任だけでなく、ハウスアドバイザーや教科教員が生徒一人ひとりの進路選択を支援します。海外大学進学についても中等部1年次から説明会を開き、意識づけを行います。

top

Copyright©Tokyo Gakuen High School. All Rights Reserved.