MENU

アサインメント

学びの中心となる
アサインメント

基礎から深い学びへと導く
「学びの羅針盤」

 ドルトン東京学園の学びは、「アサインメント」を中心に展開しています。アサインメントは、学習内容(単元・テーマ)ごとに用意されており、学習の目的や到達目標、学習の方法と手順、様々な課題が具体的に示されています。これにより、何を・どのように学んでいくかが把握できるようになり、学習プランが設計しやすくなります。

「学びの羅針盤」はクラウドから

 ドルトンプランの誕生から100年間、アサインメントは紙の印刷物で生徒たちに配布されていました。ドルトン東京学園では、生徒は学習のクラウド・プラットフォーム「まなBOX」等を通じて、いつでも、どこでもアサインメントを手に入れ、学習に取り組む環境が整備されています。ドルトンプランとICTの融合から生まれる、新しい学びのかたちです。

アサインメントのイメージ(英語/中等部1年次6月)

始めに学習予定・内容を提示し、いつまでに何をし、何ができるようになるかが把握できるようにします。最初に全体を見渡すことで、生徒は学習を設計しやすくなります。

達成目標と、この学習内容を通して身につくスキルを明示することで、学習の動機付けとします。全員が最低限クリアしなければならない必須課題と、さらに進みたい人のための発展課題があります。

課題は興味をもって取り組めるようデザインされています。

少しずつステップアップしていけるように設定されています。

ワークシートの例。

top

Copyright©Tokyo Gakuen High School. All Rights Reserved.