MENU

英語の習得と活用

アカデミックでもビジネスでも、
あらゆる場面で使える語学力を育む

 英語はグローバルな意思疎通における最も主要な言語であり、ツールとして英語が使えるようになっておくことは今後も非常に重要な素養と考えます。
 ドルトン東京学園の英語プログラムでは、アカデミックでもビジネスでも、もちろん日常生活でも使える英語が身につくよう、6年間を通してより伝わる表現や英語力の向上を目指します。
 はじめの2年間で基本的な運用能力をつけたら、約2週間の海外ホームステイで自分の力を試し、その後の学びのモチベーションにつなげます。また、英語を母語とする教員と日常的に校内で接するなど、英語を活用する場面は学校生活にもあふれています。
 とにかく英語を使ってみてください。「思い」が伝わる楽しさが、さらなる学びの原動力になります。

中等部1年生・中等部2年生

習得目標
A2
CEFR
英語を使いながら基本的な表現と運用能力を身につける
  • ■生活の中の様々な場面で使える言葉や表現を知り、説明・依頼・提案など言葉の機能を身につける
  • ■それらと結びつきの強い文法事項など言葉のルールを学ぶ
  • ■英語ネイティブスピーカーの授業では、コミュニケーション・発表に特に重点を置き、知識と技能を高める(中3でも継続)

中等部3年生・高等部1年生

習得目標
B1
CEFR
英語を用い、自分や世界に関する様々なテーマについて深く広く学ぶ
  • ■文化・環境・平和・社会正義・科学技術などについて学び、英語の知識と技能を高める(相当量のリサーチとアウトプットを含む)
  • ■目的とジャンルに合った読み方や書き方を身につける

高等部2年生・高等部3年生

習得目標
B2
CEFR
ツールとしての英語を追求し、より伝わる表現を習得する
進路など自らのニーズに合わせて学ぶ
  • ■「グローバル化と国際経済」「グローバル・キャリア」などについて学ぶ
  • ■プレゼンテーションや質疑応答の技術などを身につける
  • ■輪読や討論会、オンライン講座や問題演習など、希望や必要性に応じて設計
※CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment) は, 語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、透明性が高く、分かりやすい、包括的な基盤を提供するものとして、20年以上にわたる研究を経て策定された。欧州域内外で使われている。

2クラスを3分割した習熟度別少人数編成で授業を実施しています。

週6コマのうち、多くをネイティブスピーカーと日本人教員によるチームティーチングにしています。

ケンブリッジ英検を定期的に受検し、習熟度を確認します。

top

Copyright©Tokyo Gakuen High School. All Rights Reserved.