MENU

英語力の習得と活用

意思を伝え合える
英語力の習得と活用

アカデミックでもビジネスでも、
あらゆる場面で使える語学力を育む

 英語はグローバルな意思疎通における最も主要な言語であり、ツールとして英語が使えるようになっておくことは今後も非常に重要な素養と考えます。
 ドルトン東京学園の英語プログラムでは、アカデミックでもビジネスでも、もちろん日常生活でも使える英語が身につくよう、6年間を通してより伝わる表現や英語力の向上を目指します。
 はじめの2年間で基本的な運用能力をつけたら、海外研修で自分の力を試し、その後の学びのモチベーションにつなげます。また、英語を母語とする教員と日常的に校内で接するなど、英語を活用する場面は学校生活にもあふれています。
 とにかく英語を使ってみてください。「思い」が伝わる楽しさが、さらなる学びの原動力になります。

中等部1年生・中等部2年生

習得目標
A2
CEFR

【学びの段階】
基本的な表現を用いて自分や身の回りのことを発信することができる

【学習の内容・基本方針】

  • ■生活の中の様々な場面で使える言葉や表現を知り、説明・依頼・提案など言葉の機能を身につける
  • ■それらと結びつきの強い文法事項など言葉のルールを学ぶ

中等部3年生・高等部1年生

習得目標
B1
CEFR

【学びの段階】
自分が関心を持つ事であれば社会の状況について自分の意見を発信することができる

【学習の内容・基本方針】

  • ■「文化」「環境」「平和」「社会正義」「科学技術」などについて学び、英語の知識と技能を高める(相当量のリサーチとアウトプットを含む)
  • ■目的とジャンルに合った読み方や書き方を身につける

高等部2年生・高等部3年生

習得目標
B2
CEFR

【学びの段階】
社会問題や時事問題等に関して関連事項を加えながら自分の視点を明確に展開することができる

【学習の内容・基本方針】

  • ■「グローバル化と国際経済」「グローバル・キャリア」などについて学ぶ
  • ■プレゼンテーションや質疑応答の技術などを身につける
  • ■輪読や討論会、オンライン講座や問題演習など、希望や必要性に応じて設計
※CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment) は, 語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、透明性が高く、分かりやすい、包括的な基盤を提供するものとして、20年以上にわたる研究を経て策定された。欧州域内外で使われている。

アカデミッククラスについて

 アカデミッククラス(帰国生および帰国生と同等レベルの語学力を持つ生徒対象)は、上級レベル(CEFR C1相当)の高度な論理的思考力の習得を目標とします。海外大学への進学も視野に入れ、複雑な文章の分析的な読解、リサーチ、アカデミックライティング、エビデンスに基づくディスカッションといった分野において段階的に力を伸ばし、アカデミックスキルを身につけます。

授業はクラスを分割する
習熟度別編成で実施

 中学生になって初めて本格的に英語を学ぶ生徒と、海外からの帰国生では語学力に大きな差があります。このため、習熟度に応じたクラスを編成して英語の授業を実施しています。英語初学者には苦手意識が生まれないように楽しく取り組める授業を、日常的に英語を使っていた生徒には培われた語学力をさらに伸ばす内容の授業を行います。

中等部1年生の英語授業の構成

●英語A[週4時間] ※習熟度別編成

タスクを通じて必要な英語を確実に使えるようになることを目的とした授業です。対話練習やプレゼンテーション等の言語活動を中心にバランスよく「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能を伸ばしていきます。週1回のオンライン英会話(中2・中3)で自身の力を試す機会もあります。

●英語B[週2時間] ※習熟度別編成

外国人教員によるオールイングリッシュの授業です。流暢性を高めることを目的とし、授業は「話したり」「書いたり」する「発信活動」を中心に構成されています。プロジェクト型の活動等を通してクラスメイトと楽しく学ぶことができ、英語を恐れずに使えるようになります。洋書の多読プログラムや語学研修に向けた特別プログラムもあります。

グローバル市民教育

国内でも海外でも、
場所にこだわらずに活躍し、
社会に貢献する人を育む

国境を意識せず、自分の力を活かせるところならどこへでも行きたいと自然に思い、行動に移せる人。私たちは、生徒一人ひとりが心理的な障壁なく誰とでも協働でき、他者や社会に貢献するグローバル市民に育ってもらいたいと願っています。
語学力と高いコミュニケーション力はいうまでもなく、広い教養と深い専門性、自分や自分の国についての理解、様々な経験を通して得た自信と柔軟性を備えられるよう、教科の枠を超えた探究活動や海外研修等のプログラムを豊富に用意しています。

アイデンティティ

生徒には、多様な文化や価値観の中で自分を見失わないためのアイデンティティを持っていてほしいと思います。日本に暮らす者として、日本の歴史や伝統、文化について語れることも大切です。
ドルトン東京学園では、アイデンティティを深めるための学びや経験・体験、感性や表現力を高める芸術・表現教育も充実したカリキュラムを提供しています。

異文化・多文化の体験

本校で過ごす6年の間に、原則として全員が2回、海外研修を経験します。他にも様々な海外での研修プログラムを用意しています。
また、国内にも様々な文化や習慣を持つ人々が暮らしており、そのような人々との交流やイベントにも積極的に参加し、身近な多文化を実感します。

教養と専門性

ドルトン東京学園では、各教科でそれぞれの分野の学びを深めるとともに、様々なテーマに沿って複数の教科が横断・連携した学びで、問題を多角的に把握する視点を養います。広い視野から取り組むことで、それぞれの教科や分野の学びがさらに深まります。自分でテーマを決め研究し、発表することで大きな問題の解決に至る知見を得ることができます。

top

Copyright©Dalton Tokyo. All Rights Reserved.